カラーリングやパーマは育毛の敵?

ここでは、薄毛や抜け毛に悩む女性に向けて、正しいカラーリングの知識を紹介しています。

ダメージを抑えて上手に付き合おう!

カラーリングと上手に付き合う方法薄毛や抜け毛が気になる人は、カラーリングやパーマをどうしても躊躇してしまいますよね。

たしかに、1回のカラーリングですぐ薄毛になるということはなくても、そのダメージが蓄積すれば、いずれ薄毛が引き起こされる可能性も大いにあるでしょう。

また、現在すでに薄毛で悩んでいる場合は、できるだけ頭皮に負担をかける行為は避けたいものです。

けれども、おしゃれに欠かすことのできないカラーリング。

髪の色で印象も大きく変わるので、とくに女性の場合は、カラーリングを我慢するというのは結構ツライ人も多いはず。

そんな人は、「一切しない!」と我慢するのではなく、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えながら上手に付き合ってみてはいかがでしょうか。

以下に、カラーリングのダメージを抑えるポイントをまとめてみました。

カラーリングで気をつけるべきポイント

POINT.1 自分の頭皮の状態に適したカラーリングをする

ひとくちにカラーリングといっても、ブリーチ、ヘアカラー、ヘアマニキュアといくつかの種類があります。

それぞれ目的や効果も違えば髪・頭皮へのダメージの程度も違うので、薄毛が気になる人はできるだけダメージの少ないものを選びましょう。

ダメージの大きい順に並べると、「ブリーチ」→「ヘアカラー」→「ヘアマニキュア」となります。

POINT.2 ヘアサロンでカラーリングしてもらう

市販のカラーリング剤は刺激が強いものが多いので、できるだけヘアサロンに行って、プロにお任せしましょう。

仕上がりの美しさも違いますよ。

POINT.3 頻度を抑える

髪や頭皮への負担はできるだけ少ないほうが良いに決まっています。

気分によって頻繁にカラーを変えるようなことはできるだけ我慢して、必要最低限の回数に抑えましょう。

CHECK★アフターケアをしっかりする

これがもっとも重要!カラーリングをした後はしっかりと髪・頭皮のケアをしてあげてください。

放置は禁物です。頭皮にやさしいシャンプーを使う・やさしく洗う・頭皮に栄養や潤いを補給する…など、回復力をアップさせてあげることが大事です。

育毛シャンプーならばカラーリングのダメージを抑えることができるので、ぜひ併用することをおすすめします!

line

薄毛や抜け毛が気になる…。でもカラーリングがしたい…。

という女性は、ぜひ上のポイントを押さえて、上手なカラーリングとの付き合い方を検討してみてください!

 
効果で選ぶ女性用育毛シャンプー
ランキング
ノヴェルモイ
薬用ヘアシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
ノヴェルモイ 薬用ヘアシャンプー

公式サイトへ

H&Aシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
H&Aシャンプー

公式サイトへ

薬用
ホームケアシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
薬用ホームケアシャンプー

公式サイトへ

イチオシの育毛シャンプー体験談

1week!

1month!

3month!