弱酸性とアルカリ性について

ここでは、シャンプーの弱酸性とアルカリ性についてくわしく解説。それぞれの特徴を説明しながら、どちらが良いのか比べてみました!

弱酸性は肌にやさしいワケじゃない…?

「弱酸性」という言葉を聞くと何となく肌にやさしいようなイメージがありますよね。

髪の毛はもちろん、私たち人間の体は基本的に弱酸性なので、同じ弱酸性の洗浄剤は肌に対する刺激もたしかに少ないです。

しかし、そもそも低刺激=肌にやさしいのでしょうか?

弱酸性を謳っているシャンプーの洗浄成分は、いわゆる合成界面活性剤です。

シャンプーした後この成分が残ってしまうと、蛋白変性が起こって頭皮の角質層を脆くさせる…とも言われています。

ちなみに、老人福祉施設などでは、弱酸性を謳っている石鹸やシャンプーはあまり使用されません。

免疫力が下がってしまっているお年寄りの方にとって、弱酸性の製品は不向きなようです。

弱酸性かアルカリ性かではなく、総合的な判断を!

では次に、「弱アルカリ性」を謳っている石鹸系シャンプーはどうなのでしょうか?

先に述べたように私たち人間の肌は酸性ですが、「弱アルカリ性」の石鹸系シャンプーを使用しても、しばらく経てばきちんと弱酸性に戻るそうです。

この“回復力”ともいうべき力を養うのに、弱酸性よりも弱アルカリ性の石鹸系シャンプーの方が良いのではないか?という意見もあるようです。

ただそもそも、合成界面活性剤が必ずしも頭皮に悪いとは、一概には言えない部分もあります。

そのため、肌質やコンディションによっては、単純に肌への刺激が少ない弱酸性を選ぶほうが良い場合ももちろんあるでしょう。

つまり、弱酸性なのか弱アルカリ性なのか、それだけでは単純に良し悪しは決められないということです。

シャンプーを選ぶ際には、「弱酸性かそうでないか?」ということではなく、配合されている成分や期待できる効果、また自分の目的に合っているかどうかなど、総合的に判断することをおすすめします。

 
効果で選ぶ女性用育毛シャンプー
ランキング
ノヴェルモイ
薬用ヘアシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
ノヴェルモイ 薬用ヘアシャンプー

公式サイトへ

H&Aシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
H&Aシャンプー

公式サイトへ

薬用
ホームケアシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
薬用ホームケアシャンプー

公式サイトへ

イチオシの育毛シャンプー体験談

1week!

1month!

3month!