入っていたら避けたい成分

育毛シャンプーの成分として避けたいものや、シリコン・ノンシリコンについて解説しているページです。

硫酸系の成分は危険…?

シャンプーに配合されている成分の中には、できれば避けたい成分というものがあります。

その代表的なものが、いわゆる硫酸系成分。

「ラウリル硫酸Na」や「パレス硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」といった、成分名に「硫酸」がついたものです。

これらの大きな特徴として挙げられるのが、“洗浄力が強い”ということ。

それだけ聞くとシャンプーとして良いように思えてしまいますが、実はこの洗浄力こそ、問題となるポイントなのです。

私たちの頭皮には適度な水分が欠かせません。

水分が足りず乾燥すると頭皮は硬化し、そのことで健康な髪が育たなくなってしまうからです。

そしてその保湿に欠かせないのが、皮脂。

適度な皮脂は水分蒸発を防いでくれ、乾燥から守ってくれます。

しかし、上で説明した硫酸系成分配合のシャンプーは、洗浄力がとても強いため、育毛に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

そして、頭皮を乾燥させてしまうのです。

また、硫酸系成分は髪の毛や頭皮に刺激を与えるため、シャンプーにより傷みが発生してしまう危険もあります。

育毛シャンプーを選ぶときには、ぜひ成分表示をチェックして「硫酸」という名のついた成分が含まれていないものをチョイスしましょう!

シリコンはNGじゃない!

「髪に良い」とのことで、最近ブームになっているといってもいいノンシリコンシャンプー。

シリコンは髪に良くないのだろうかという印象を持ってしまいますが、実は、シリコンはヘアケアにはもちろん化粧品などにも用いられる安全性の高い成分なのです。

そもそもシリコンがシャンプーに使われる理由は、洗浄剤により髪の毛がゴワつくのを防ぐため。

シリコンは髪の毛に吸着してツルツル感をアップさせ、指通りを良くしてくれるのです。

「シリコンは毛穴に詰まる」「頭皮や髪の毛に吸着して膜を作ってしまう」などと言われることがありますが、そんなことも決してありません。

毛穴に詰まるのは汗や余分な皮脂等が混ざったヨゴレであり、シャンプーは最後に洗い流すのでシリコンのみ毛穴に残ってしまうというのは考えにくいといえます。

シリコン or ノンシリコンが問題ではなく、チェックすべきは洗浄成分。

過剰な宣伝などで間違ったイメージを持ってしまうこともありますが、ぜひ正しい知識をもって育毛シャンプーを選んでください。

 
効果で選ぶ女性用育毛シャンプー
ランキング
ノヴェルモイ
薬用ヘアシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
ノヴェルモイ 薬用ヘアシャンプー

公式サイトへ

H&Aシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
H&Aシャンプー

公式サイトへ

薬用
ホームケアシャンプー
育毛効果
抜け毛予防
ボリュームアップ
頭皮への優しさ
薬用ホームケアシャンプー

公式サイトへ

イチオシの育毛シャンプー体験談

1week!

1month!

3month!